12 Mar 2011

ひどい地震でした・・
きのうの地震は、ほんとにすごかった。
電車に乗っていました・・田園都市線のたまプラーザ駅の少し
手前でした。突然、電車がぐらぐら横に揺れ始めました。
通常の揺れではないことがわかりました。・・と同時に電車は
止まってしまいました。

窓から見る景色に驚きました。
揺れるはずのない太い幹の木がぐらぐら揺れて、電線は狂った
ように揺れたわんでいました・・恐ろしい光景でした。

1時間近く電車の中に閉じこめられたでしょうか・・
もう少し短かったかもしれません、長く感じられました。
電話もメールもつながらなくて、どんな状況かわかりませんで
した。向かいに座っていた高校生のグループが、ワンセグで
見た映像を驚いたように話していました・・
ひどい地震だということがわかりました。

しばらくして、電車がなんとか一駅だけ動いて・・そこで全員
降ろされ、階段を昇って改札に出て驚きました。
駅ビル全体の照明が消えているのです。
人々が、呆然と立っていたり不安げにうろうろとしていたり
駅ビルの店舗はすべて閉まっていました。
車は走っていましたが、信号機が点灯していません。
しばらくして、警察官が来て交差点で交通整理を始めました。
こんな光景・・いつ見たでしょう。
都市機能が完全にマヒしてるのです。

なんとか走っているバスで、一駅だけ行けました。
そこからは、1時間くらい歩いてやっと家にたどり着きました。

帰って部屋を見て、愕然としました。
心配していた通り、散乱する書類と雑誌と書籍・・
棚の上に落ちずに残された雑誌の表紙を見て、
また愕然としました。
「世界大破局」とあります!

なんという象徴的な図でしょうか・・
なんというシンクロニシティでしょうか。

んー・・と思って、しばらくかたずけられませんでした。

さっきも余震がありました。

原発は大丈夫なんでしょうか・・

 20 Feb 2011

いいパフォーマンスでした。
1月の終わりころだったでしょうか・・
用事があって渋谷へ出た時のことでした。
田園都市線の改札から階段を出ていくと、ハチ公前の広場が
いっぱいの人でした。いつもと違って、きれいに円形に。
二重三重の人垣でした・・200人以上、いやもっとでしょうか。
ちょっと昔風に言うと『十重二十重の群衆がむらがり』状態。

なにごとかと思って覗いたら、中でひとりの野球選手が・・
背番号51、マリナーズのユニフォームです。
えっ、イチローが?・・コマーシャル撮影?じゃないよね。
まったくのひとりだし、しかし、例の黒いバットを素振りして
いる。前にはグラブも置いてあるし、後ろから見ると
まさにイチローそのもの。みんなバシバシ写メとか撮ってます。
ふ〜む、そうか・・横にまわって顔を見ました。
これがまた、ひげの具合といい頬の感じといいもうそっくり!
パフォーマーなんでしょうか。まだテレビでも見たことない人。
一言もしゃべらず黙々とバットを振ったり、グラブを
持ったり・・もう、その動作もイチローそのものでした。

ふ〜む・・ちょっと見ていて思いました。
これは、単なるものまねじゃないなぁ・・このストイックさは
山海塾!(ちょーっと古いです)わかりませんかね。
ギリヤーク尼ヶ崎の舞踏!(いやーもっと古くてだめですかね)
10年くらい前に京都の円山公園で見かけましたけど・・
どうされているんでしょうね。

ふ〜む・・なんて思って大井町線に乗ったら、
向かいに座っていたのが、あの「大木凡人」さん!
(これまた、古くてだめでしょうか)
こちらは、ご本人でした。
ほら、6チャンネルでレポーターかなにかやってた・・ねっ
ね・・わかるでしょ!

 18 Jan 2011

アントキノ猪木でした・・
「元気があれば、胆石もできる!」・・なんて、先日すっごい
ジョークで答えていましたね、アントニオ猪木さん。
痛さはどのくらいでした?・・という質問に、
「私はいろいろ、モハメド・アリとかアクラム・ペールワンとか
と異種(イシュ)格闘技をやってきましたけど、
今回のイシュ(石)は、そうとうなものでした。」
「胆のうの痛みをじゅうぶん堪能しました!」・・なんて
もう、おやじギャグやら、ダジャレやらを連発していましたけど
面白かったですね〜。

いや〜、確かにそんな感じでしたねー。
実は、去年のあの暑い8月の最中に私も結石をやりまして・・
七転八倒してしまいました。
私の場合は、腎臓から膀胱につながる細い尿管に石がつまる
尿管結石というものでしたが・・いや〜、今思い出しても
そうとうなものでしたねぇ。

電車に乗っていたら、なんだか腰の後ろが重いような痛いような
変な感じになってきて、あわてて自宅まで引き返したですが
もう、あれはなんていうんでしょうか・・横になっても、
うつぶせになっても、立っていても・・もうじっとしていられ
ないというか・・いや〜、2時間ほど我慢したのですが、
もう無理!・・と思って、初めて救急車をお願いしましたです。

救急車が来るまでの15分が長かったこと長かったこと!
救急車に乗ってもじっとしていられなくて、のたうちまわって
いました。あげくに、受け入れ病院がなくて・・救急車の中で
20分くらいじっと待って・・うーん、つらかったなぁ。

なぁんてことを思い出してしまいましたよぅ。

アントキハ猪木でした。(あはぁ〜)

 31 Dec 2010

年末年始は、ジプシーキングスだぁ〜♪
12月もおしつまって、KALDIに行きまして・・
いや、10月頃に青葉台の東急にオープンしたんです。
コーヒーを紙カップでふるまってくれるんで、ついクセに
なりまして・・紙カップを持って店内をうろうろしています。

暮れの買い物をと思って、先日も行きました。
おっ、いい音楽・・アフロ・キューバン! ルンバ!
ジョビ、ジョバ〜♪・・あっれま〜、ジプシーキングスじゃあ
あ〜りませんか!・・お久しぶりでございます。
ながらくのご無沙汰でございました。

「バイラ・メ」「バンボレオ」「ラ・キエロ」「オー・エー」
なんか妙にテンションが上がって、元気になってきました。
「ベン、ベン、マリア」・・いいですね〜♪

パスタとホールトマトでもと思って入ったのですが、
お〜、こんなんもあるのね・・えーっと
「ホールハラペーニョ」「ホットサルサソース」ほうほう、
「バーニャカウダソース」はいはい、「グリーンハバネロ」
「ハバネロサドンデス」ってのもありますね。
「ガカモーレミックス」んー、なんですかぁ。
何でしょ・・どうしてもホット系に目がいってしまいますね。
やっぱり、ジプシーキングス♪のせいですね、こりゃ。
うーん、カルディさんの作戦に落ちてしまいそうです。

しかし、元気でるな〜!

ところで、「バンボレオ」の出だしのところが、
「たまんね〜な!」と、空耳になってしまうんですけど・・
そんなことないですか?・・どうでしょう。

うーん、ジプシーキングス!タマンネーナ!

 18 Dec 2010

今頃、タジン鍋を買いまして・・
タジン鍋がはやったのは、二年くらい前だったでしょうか・・
以前から知り合いのビストロのオーナーに「簡単だし、
カロリーコントロールにもなるからいいよ。」と勧められて
いたのですが、どうも大きいし変な形だし、なんだかなぁ・・
と思って、二の足を踏んでいました。

ところが、先日一人用の小さなやつをみつけて、
ついに買ってしまいました。
実に・・構想二年!購買一瞬!

さて、タジン鍋の本でも・・と思って本屋に行ったのですが
あっれー、無い。無いのです!
二年前は、これでもか、これでもかとあったのに。
「タジン鍋の毎日料理」、「かんたんタジン鍋料理」、
「タジン鍋でヘルシー料理」、
「タジン鍋で他人鍋」(そんなの無いか・・)
ともかく、いっぱいあったのがすっかり無くなっているのです。

なんでしょう・・あれはタジンバブルだったんでしょうか。
きっとバブルだったんでしょう!
住宅バブルがはじけてから、サブプライム・ローンを組んだ
ようなことでしょうか。あぁ〜・・
今は、マクロビオティックでしょうか「毎日薬膳ごはん」とか
「おいしい薬膳なべ」とかが並んでいます。

ふ〜ん・・そういえば、以前も株式バブルがはじけてから
株を買って、ひどいめにあったしなぁー!

まあいいでしょ!
白菜豚蒸し鍋でも作ってやりましょう。

それで焼酎かぁ・・いいぞう!

 23 Nov 2010

日本語もむずかしくなりました。
「っせ〜」「っしゃせー」
ん・・シャセイ?・・なんだぁ。
「っした〜」「まっしあー」「しったぁー」
えー・・なんだぁ。
ここは、どこ? わたしは、だれ?

いや、久しぶりに吉野家に入ったんですがね・・
いや〜、びっくりしました。
キンキンとかん高い女の子の声ですよ。

昔、ラーメン屋に入ると、
おやじさんが「らっしゃい!」なんて言ってましたが、
それでも、ゆっくり丁寧な感じがしていましたねぇ。
それがもう速射砲のように「っせー」「したぁー」ですよ。
いくら「うまい、はやい、やすい」が売りでもねぇ・・

「らっしゃい」が変化したというのか、進化したというのか、
日本語は、抑揚の少ないアクセントの強くない言葉だと思って
いたのですが・・英語のようになってしまったんでしょうか。
グッモー、ハァバチュ、ヤーアバ・・みたいに。
言葉を飲み込んで、アクセントの強いところだけが聞こえる
ようになってきているんでしょうか。
「せーっ」「まーっ」「たーっ」・・ピポパッと同じですね。
これじゃ挨拶でも会話でもなくて、ただの通信ですね。

そうですねぇ、言葉が「挨拶世代」から「会話世代」になって
「通信世代」に変化しているということでしょうか。
これからどう変わっていくんでしょうね。

「4000と450円のお返しです。」
あれっ、かんじんな事はゆっくりしゃべるんだね。
「と」もちゃんと入れてるし。

まっぁも〜(まいったなぁもう)

 2 Oct 2010

英語はおもしろい・・(6)
先日、私はついに無謀なことをしてしまいました。    

あの尖閣諸島プロブレムを英語で説明しようという暴挙に出た
のです。自分のオピニオンを先生に英語でぶつける!
ぶつけて開き直る!・・どうだぁ、どうだ、さあどうだ!

なんという暴挙でしょう。これを暴挙と言わずして、何を暴挙
というんでしょうか。

立場も明確にしなければいけません。
私の狭い前頭葉、海馬領域を魚も捕れないのにフル操業して
めいっぱい適切な言葉を引っぱり出そうとしました。

中華思想、南蛮北テキ(漢字が無いのです・・あぁ情けない)
東夷西戎、女帝卑弥呼、朝貢、傲慢と偏見、領土問題、     原理主義、政治主導と官僚・・これを英語でどう説明する!

苦しいひっ・・ひたいに汗がにじみます。
先生は、ハアハァ〜ン、ンフ〜ンと聞いてくれています。
伝わっているみたいです。

楽しくないテーマ、イシューなのに英語で説明することが
楽しいなんて・・なんなんでしょう。この矛盾!   
こんなことで喜んだりして、大人げない。実に、はしたない。
こんなことでコンペンセイションを求めたりして・・
のぼせるんじゃない! あつかましいにも、ほどがある!
反省をしましよう。自らの未熟を省みましょう。

でも、前頭葉、海馬領域ではこれからも操業が続きます。

どうしてくれるんだ・・この不都合な真実は!


 2 Sep 2010

猛暑でした、変な夏でした。
暑い夏でした・・というか、9月になってもまだ夏が終わら
ないって感じですね。
なんでも113年間で一番暑かったそうで。
私も、8月の終わりについに倒れてしまいました。
それについては、後日また書こうと思っておりますが・・

ともかく、暑い!・・異常ですね。変ですね。
バンコクのあの肌をさすような暑さを思い出しました。
日本もこのまま亜熱帯になっていくんでしょうか。

うちの近所に日本語学校がありまして、
中国、韓国、ロシア、アフリカ系の若い人が多く行きかって
いるのですが・・きのう、日傘をさしたアフリカ系黒人の若い
男性を見かけました。アフリカンアメリカンじゃなくて、
純粋なアフリカンアフリカンです。もう真っ黒です。
いやー、確かに暑いもんなぁ・・と思いましたが、
んーっ日焼け対策?なわけないよね。じゃあ暑さ対策?・・
なぁんか変な不思議な感じがしました。

パリっとクリスピーな白いシャツに、ピシっとプレスのきいた
黒いスラックスに黒い革靴! この暑さの中をです!
よく見かけるよれシャツにスニーカーかサンダルって感じじゃあ

ないんですよね・・んー、たぶんヨーロッパ留学経験有りの
お金持ちのボンボンか、某国の政府筋の関係者か、あるいは
高貴な一族かなにかの末裔か・・なんでしょうか。

涼しい顔で、100円ショップに入って行きました。

なぁんか変な、でも興味深い暑い夏の光景でした。

 14 Jun 2010

雨の季節です・・
雨が降ってきました・・梅雨になりましたね。

梅雨といえば、紫陽花ですね。
アジサイ、ハイドランジア・オタクサ・・おたくさんです。
去年、おととしと鉢植えを買って、庭に移してやりましたが
いっこうに花が咲いてこないんですねぇ。
葉はしっかりと伸びて大きくなっているんですがねぇ。
淡い青紫の花が、雨をうけてなんとも健気な姿で・・なぁんて
期待いっぱいで待っていたのですが、咲いてくれないんです。
やる気ないんですよねぇ。

それに替わって、
やる気満々なのがドクダミです。
白い花をびっしりと咲かせています。
この雨で、またやる気を出して張り切って咲いております。
しかし、ドクダミもかわいそうです。
名前がよくない・・ドクダミ、毒だよ・・みたいで。
薬なのに・・いいことするのにねぇ。
子どものころ、鼻をよくつまらせてお世話になりましたねぇ。
葉っぱを小さくねじって鼻の穴にしばらく入れておくと
不思議にすーっと鼻が通るんです。
それ以来、ドクダミの白い花を見るたびに思いますねぇ。
なんといいますか・・尊敬ですね。頭を垂れますね。

それに替わって、
なんといいますか・・屈辱ですね。首を傾げますね。
このハイドランジア・オタクサ。
名前がよくない・・おたくさんですよ。
たくさん咲きそうなのに・・咲かないんだもんね。

・・みたいなことを、雨の日は考えるのです。


 16 May 2010

大相撲を観てきました・・
先日、大相撲を見に行ってきました。
日ごろお世話になっている新聞社の編集の方が、
国技館の枡席を取ってくださったのです。
「枡席は4人席ですけど、狭いので3人くらいが適当かと思い
ますが・・」「そうですか、ありがとうございます。」
というわけで、友人と3人ででかけたのであります。

両国駅に着きました。
駅の改札口に、すでに優勝額が飾ってあります。
ほぉ〜、三重ノ海ですねぇ・・現在の理事長です。
外国の人も結構いますねぇ・・コンダクターの女性が、旗を
振ってみんなを集めています。きっと、朝は築地市場を見学
したんでしょうね。それで、今度は大相撲観戦。
正統派日本観光ツアーですね。

駅のすぐそばが国技館です。
高い櫓に力士旗・・いやがうえにも盛り上がってきます。
おすもうさんが浴衣で出入りしています。
う〜ん、かっこいいなぁ。でっかいなぁ。
相撲茶屋に囲まれた通路を入っていきました。
う〜ん、雰囲気ですねぇ。相撲観戦ですねぇ〜
チケットを見せると、袴姿の男衆が席まで案内してくれました。
手には大きな紙袋が三人分。
ほう〜、幕の内弁当に焼き鳥、そらまめ、甘栗、あんみつ、
おせんべい・・いろいろ入ってますねぇ。
席についたら、さっそくビールを持ってきてくれました。

お〜、やってるやってる。相撲だ、相撲だぁ。
まだ幕下の取り組みで・・さっそくビールにお弁当です。
う〜ん、ビールが格別ですねぇ。
もう、ピクニック気分であります。友達は、さかんにパンフ
レットを見ておすもうさんを確認しています。
僕は、ビールとおつまみの確認のほうが忙しいのでした。

中入りになると、さすがに相撲観戦らしくなりました。
高見盛は、あいかわらずロボットみたいで愛嬌があって
かわいいですねぇ。若手では、栃ノ心がよかったですね。
幕内最大の太ももをしているんじゃないでしょうか!
きっと強くなると思います。
杷瑠都は、少し動きが硬くて・・今場所は、どうでしょうか。
日馬富士は、相変わらずねばり強い動きだなぁ
・・などと観ているうちに、幼いころ相撲観戦をしたのを
思い出していました。

幼稚園のころだったでしょうか・・祖父母に地方巡業の場所に
連れて行ってもらいました。たしか、小学校の校庭に土俵を

作っていたような気がします。
先代の朝汐の大きくて厳つい顔、太いまゆげに濃い胸毛・・
でも意外と弱かったんだよなぁ。
帰りに軍配のおもちゃを買ってもらって、それでしばらく
遊んでたなぁ。おじいちゃんと相撲をとったなぁ。

星取り表も作ったなぁ・・
そんな昔むかしのことがよみがえってきました。

記憶って不思議ですね。

相撲って面白いですね。